百年の恵
百年の恵

おいしいお米ができるところ

阿蘇郡高森町草部(くさかべ)地区は、宮崎県の高千穂に接する標高約670mの高冷地にあります。
日本三大下り宮の草部吉見神社や三郎神社などの由緒ある神社や永秀寺などの神社仏閣が多く、大正年間に、住民の血のにじむような努力によって水路(白水路)が整備され稲作が定着しました。
神様の神話や史跡が多く残る高森町の冷涼な気候と奥阿蘇の豊かな自然と源泉で稲が育ちます。

草部地区 地図
気候

気候

高冷地にある「草部地区」は寒暖の差が激しい為、稲が鍛えられ、お米の味はゆっくり時間をかけ、深みを増していきます。
お米は透明な姿が特徴で「つや」があり、口の中に広がる「甘味」に定評があります。

源泉

源泉

大正時代初期まで水田がなかった草部地区は、およそ100年前の大正11年、先人が血のにじむような努力の末、源泉から水路を引き、稲作が始まりました。
源泉の豊かな栄養分を吸収し、稲は成長しています。

想い

想い

100年以上前の先人たちの努力、貫き通した信念や「想い」を受け継ぎ、手間を惜しまず、丹精を込めた米づくりを未来へと繋いでいきます。

苗栽培

ライン

『百年の恵』の品種である熊本県で育成された水稲品種「ヒノヒカリ」と「森のくまさん」の苗を田植えに向けて育てています。「ヒノヒカリ」と「森のくまさん」ともに、熊本米の銘柄として5年以上「特A」の評価を得ている品種です。また、「森のくまさん」は、熊本県の奨励品種として採用されています。

苗栽培写真01
苗栽培写真02
苗栽培写真03
田植え写真01

田植え

ライン

5月になると田植えのシーズンとなります。ビニールハウスで育ててきた苗を田植えしていきます。田植えの期間は、おおよそ5月のゴールデンウィーク明けから5月一杯までかかります。みなさまに美味しいお米をお届けすることが出来るよう、頑張っています。

田植え写真02
田植え写真03

合鴨農法

ライン

田植え完了後は、可愛い合鴨が田んぼデビュー!合鴨は、雑草や害虫をエサとして食べてくれます。また、合鴨の排泄物は、稲の養分となり、田んぼの土や水をかき回して酸素を補給してくれるんです。合鴨が犬やネコ、野生動物などに襲われないよう、また、逃げないように、田んぼの周りにネットも張っています。

合鴨写真01
合鴨写真02
合鴨写真03
自然と’人の想い’で「百年の恵」は出来ています。
百年の恵